<< ジキル&ハイド | main | 近況報告などなど・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

関本昌平 ピアノリサイタル


ご無沙汰しております。新年度はじまりましたね!色々と新しいこと尽くめで、毎日気ばかり疲れてます・・・5月病ならぬ、4月病がこの時期毎年やってきます・・・笑 さてさてご報告が遅れましたが、そんな精神的に病んでいる中(笑)先日、関本昌平くんのリサイタルへと行って参りました。プログラムは以下の通りです。


バッハ:フランス組曲6番
ベートーヴェン:ソナタ「告別」
スクリャービン:ソナタ5番
ショパン:スケルツォ2番、子守歌、ソナタ2番
*アンコール*ショパン:ノクターン作品48−1、英雄ポロネーズ

感想をupしようしよう、と思いつつもここまで引っ張ってしまったのもわけが。それは、彼の演奏が予想以上のものだったからなんです。なんとなく、自分にとっていい演奏だなぁ・・・と思えるものに出会えたときは、その後余計なことは何もしたくなくなるし、騒々しい音も聴きたくなくなるというか。。というわけで、(失礼ながら)彼の演奏を生で聴き終わって、もう一度聴きたいなぁ・・・と心から思ったのはこれが初めてかもしれません。

それは、演奏スタイルがいつもと違った感じを受けたから。これまでは、本当に理想の奏法で無駄が無く、安定しててきっちり完璧に仕上げてくる!という印象だったのですが、今回の彼、それにプラスしてこれまでに見たことが無いくらい感情的な演奏だったんです。燃えに燃えまくっていた、というか・・・笑 とにかくダイナミックで若さ溢れるスケールの大きい演奏。高音やp〜になると、とっても繊細で透き通ったような音を出すので、それを聴いてしまっているからか、他が少し荒っぽいかな?と思いつつも、なんだか聞いているほうもその豪快さが逆に気持ちいいというか。ふむふむ、さては何かあったのかしら・・・?なんてミーハーな私は思ってしまいましたが。笑 でも、着実に成長しているんだなぁ・・・と思いました。彼の子守歌とソナタは何度も生で聴いているけど、やっぱりいつもと違う。そしてお得意の?スケ2。実は、生で彼のスケ2を聴くのは初だったので、とても楽しみだったんです。この日以来、スケ2ばかり聴いてる&弾いてるといえば、その満足度もわかるでしょう。笑 そして、スクリャービンは演奏後にブラヴォー!が飛ぶくらいよかった!桐朋の学生さんたちもかなりいらしてましたけど、皆口をそろえて「スクリャービン、すごい!かっこよすぎ!」と。笑 それにプラスして、アンコールの英ポロのあの豪快さ!4月病もどこかへ行ってしまいそうなくらい、気持ちよく帰宅できました・・・。 


なんとなく彼に親近感を持ってしまうのは、同い年ってこともあったり、PTNAの小学生時代から聴いてるからかもしれないけれど、こうやって頑張ってる人がいるんだなぁ・・・ということを思うと、勝手に刺激を受けてます。笑 なんか最近ピアノのことについて色々と考えてたんですよ。この間たまたま恩師のリサイタル兼門下の同窓会があって、その時に演奏の意義とか奏法とかもひっくるめて音楽について考えさせられて。けど、何だかんだいってもやっぱり音楽は私にとって刺激+充電の要素があって、単純に欠かせないものだなぁ・・・と約2ヶ月ぶりに聴きに行って改めて思ったのでした。

G.Wにはツィメルマン氏との講座があったりと、楽しみは増えるばかり。秋に向けての公演の発表も続々と行われているので、それに向けて頑張らなきゃ!と思う今日この頃です。

*写真は関本氏ご本人の解説つきプログラム*

posted by: ミーハー大学生 | ミーハー大学生@コンサート行ってきました! | 01:45 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 01:45 | - | - |
コメント
 
2006/04/17 6:43 PM
Posted by: kiki
こんにちは!お邪魔します。
・・・イメージチェンジですね!違う所にお邪魔してしまったかと(笑)。とってもかわいいです♪

関本くんの素敵なレポ、拝見しました。素晴らしい演奏だったのが伝わってきます。プログラム、当初の発表とは全然変わってしまったんですね(笑)最初、確かシューマンだったはずでは・・・?
それはいいとして。どうやら今までの彼の印象とは違うスタイルに進化しているみたいですね。

やはり、聴衆に感動と満足を与えられる演奏家は最高です。期待以上のものを聴かせてくれたらなおさら!ですよね。これからもっともっと素敵な演奏を聴かせて欲しいですね(聴衆は欲張り笑)。

余談ですが・・・関本くんと同い年ですか!?そうか・・・ということは、ベンくんの方がお兄さんだったんですね(笑)。いいな(笑)。
2006/04/18 12:08 PM
Posted by: なんたろう
こんにちはっ!関本君リサイタルのレポ、じっくり読ませていただきました(^^)v

関本君といえば、安定した演奏やガチっと決まった姿勢などが印象に残ってましたが、演奏の方法を変えたのですね(’’)しかも、感情的になってると来ると、私好みだなぁって思ってしまいました(^^;やっぱり、感情移入が激しい演奏って、聴いててワクワクするので、私は大好きです☆スクリャービン聴きたかった〜(><;

自分と同年代でこんな活躍なさっている人がいるのは、勇気づけられますね(^^)vこれからの関本君の活躍を期待したいです!!
2006/04/23 1:49 AM
Posted by: Tommy
kikiさん

こんにちは!テンプレは気まぐれで変えてみました☆
今回のリサイタルのプログラム、当初は英ポロがプログラムに組み込まれていたんですけど、それが無くなったんです。しかし、結局アンコールで弾いてくれて。そうですね、今までのスタイルとはちょっと違ったので、進化してるんでしょうね!!

・・・そうなんですよ、実はベンくんの方が、お兄ちゃんだったんです。笑 2コ上ですよね、たぶん。。
2006/04/23 1:53 AM
Posted by: Tommy
なんたろうさん

こんにちは♪
私も全く同じ印象を持っていたんです。なので、余計に驚いたというか・・・私も表現の仕方の好みはなんたろうさんと一緒なので、自分の好きなタイプの演奏家になってきた?!と思ってしまいました。笑
スクリャービン、良かったですよ!もう一度聞く機会があればいいんですけどね!









トラックバック
 
http://tommyapril.jugem.cc/trackback/159