<< パリ便り。<その2> | main | 関本昌平 ピアノリサイタル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ジキル&ハイド


今日はチョ・スンウ主演の『ジキル&ハイド』を見てきました。ジキル&ハイドは、簡単に言えば"人間の内に潜む善と悪"をテーマとし、人間らしく生きるとはどういったことか、といった普遍的なことを題材とした話。日本では鹿賀丈史さんが主演していました。(今日は日本版にルーシー役で出演されていたマルシアさんもこっそりいらしてました。有名人でもオーラを放っている人ってそう多くないと思うんだけど、久しぶりにオーラというものを感じました☆と、その前に渋谷で猫ひろしが私の隣に立っていたという。笑)

今日の感想を一言で言うなら、とにかく"驚いた"。こんな魅力的な俳優さんが韓国にいたのね!とチョ・スンウ氏が歌うたびに既に目が♡見ている人をぐいぐい引き込む力のある不思議な魅力を持った俳優さんだな・・・というのが率直な印象。




さてさて、今回の主演であるチョ・スンウssiをご存知でしょうか。韓国映画の"ラブストーリー"、"マラソン"に出ていた俳優さんといえばわかる方もいらっしゃるのでは・・・?という私もこの2作しか見たことがなかったのですが・・・韓国では映画以外にも様々なミュージカルに出られているそうで、このジキル&ハイドで、2004年の韓国ミュージカル大賞主演男優賞を受賞したそうです。と、チョ・スンウ氏については事前リサーチ不足でしたが、そんなことは気にもならないほど迫真に迫る素晴らしい演技で、とにかくその歌唱力に鳥肌が立ってしまいました・・・!と、同時に、カリスマ性溢れる存在感を感じ取ることが出来ました。この役を演じるにはまだ若い・・・?と思いつつも、若さだから表現できるものがあったり。普通にトップスターとして活躍されている俳優さんが、ミュージカルでここまで演じ、そして表現できることにとにかく驚きましたが(韓国は実力派の俳優さんが多いのがうなずけます)、特にジキルからハイドに変わる瞬間は見入ってしまいました。
写真:朝鮮日報HPより


そして気になったのが、ルーシー役のキム・ソニョンさん!ダンスはまぁまぁなのですが、素晴らしい歌唱力。聞いててうっとりしちゃうほど。ジキル&ハイドは使われてる曲もいい♪もう一度聞きたいなぁ〜と思ってしまう曲ばかりで・・・

最後は、観客総立ちのスタンディングオベーション。立たなきゃ舞台が見えないっ!(まあ、チョ・スンウ氏のファンが多かったということは否めませんが・・・しかしそんなことは気にならないくらい、素直に最後は大きな拍手をしていた自分がいました・・・笑)

あと、どうでもいいけど?気になったこと。純粋にミュージカルを見に来た私にとって、とにかくグッツが高すぎなんです!パンフレットが2500円って?!・・・ぐすん。買いたかったよ・・・

ともあれ、ミュージカルで感動したのは久しぶりだなぁ・・・と思いました。なんだかおなかいっぱいな気分。そして、チョ・ウンスの魅力に取り付かれてしまいました♡





赤い旗本日も**コチラ**のrankingをよろしくお願いします赤い旗





posted by: ミーハー大学生 | ミーハー大学生@コンサート行ってきました! | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:50 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://tommyapril.jugem.cc/trackback/156