<< ショパコン@オペラシティ | main | ショパン・コンクール・ライヴ2005 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ショパコン入賞者コンサート@オペラシティ

ご存知の通り、待ちに待ったショパコン入賞者コンサート@東京オペラシティに行ってきました!

贅沢な内容に加え、アンコールにもたっぷりと応えてくれた演奏者の皆さんのお陰で約3時間半という長丁場でしたが、そんなことは気にもならないくらいにあっという間に時間は過ぎ、とっても幸せなひとときを過ごすことが出来ました。


さて、今回の曲目です。
関本昌平:ピアノコンチェルト1番
アンコール:バッハ作曲・フランス組曲 第5番 サラバンド
(Piano;Steinway)

<休憩>

山本貴志:ノクターン16番、スケルツオ4番
アンコール:エチュード10-4
(Piano;YAMAHA)

イム・ドンヒョク:ピアノコンチェルト2番
アンコール:冬のソナタより「初めて」
(Piano;Steinway)

<休憩>

ラファウ・ブレハッチ:ピアノコンチェルト1番
アンコール:ワルツop.64-2、マズルカop.56-2
ワルツop.64-1(子犬のワルツ)
(Piano;Steinway)

***2006年1月22日 東京オペラシティ コンサートホール 14:00〜***

まずはトップバッター、関本くん。ショパコン本選での2楽章、あの風貌からは想像できない(失敬)、とってーも甘い音にうっとりしたのを今でも覚えています。雑誌等の発言を見ると、かなりご自身の演奏に自信があるようで・・・なので、実際どうなんだろう?!と楽しみでした。余裕の演奏なのかしら?と思っていたけど、やはり生、とっても近かったので手が震えてるのが見えてしまいました・・・リアルでドキドキ。山本君の桐朋での先生である玉置先生が、「関本くんは巨匠風の演奏をする」とおっしゃっていましたが、まさにその通り。きっちりとした安定した演奏でした。しかし、意外に音が小さく感じたので、たまにオケに音が埋もれてるような感じがしましたけど・・・気のせいですかね?そして、ショパンだけではない!という関本君らしいアンコールの選曲。ともあれ、4月のソロリサイタルが楽しみです。

そして、お次はドンヒョク・・・と思いきや、YAMAHAのピアノが登場!山本君です。正直こころの準備が出来てなかったので、舞台に颯爽と出てきたときには、何がなんだかわからず・・・(汗)髪の毛、短くなってましたよね♪前よりも男前度がアップ!ホール全体360度に丁寧にお辞儀をし、ノクターンとスケ4を弾いてくれました。やっぱり独特の世界を醸し出し、ノクターンではとっても甘い世界に連れて行ってくれたかと思えば、スケ4では高音での速いパッセージでの音がキラキラと輝き、その中にもダイナミックさを感じさせ・・・音楽で何かを伝えて生きたい、という山本君の真摯な思いが伝わるような素敵な演奏でした。そして、アンコールは・・・
10-4!!!!!!キタ――ッ!予想はしていたものの、生10-4ですよ!瞬時にショパコンでの神がかり的な演奏を思い出させ、あの速さとかっこよさにわずか2分間という短い間でしたが、アドレナリンでまくりです。(笑)ノクターン、スケ4、10-4・・・1曲1曲への異なった深い思いがあるからこそ、すべての曲において違う世界を作り出し、聞かせ魅せることが出来るんだなぁ・・・と思いました。技術もさることながら、山本君の曲への強い思いが私たちを幸せにしてくれるんだな、、、と思います。

続いて、今度は本当にドンヒョクくん登場!またまたお決まりの制服姿で登場。今回は11月のリサイタルとは別人のように、上機嫌そうで終始ニコニコ愛想を振りまいていました。きっとこれが本来の彼なんだろうな・・・と。椅子の高さが合わず、何度も調節し直していました。それを見て聴衆からもこそっと笑いが起き、同時にドンヒョクもあれ〜?みたいな感じでニコニコしながら調節しつづけ・・・。ようやく演奏開始です。いつもは音を聴衆と分かち合うことを望んでいないのかな・・・と思ったりもしましたが、今回はそうでは無かったと思います。始めの荒さはまだ若い!ということにしておいて、鼻歌こそありませんでしたが(笑)、曲中は余裕が見え、持ち前のこれ以上とないテクニック、そして伸びのある美しい高音・・・。魅せてくれます。本当に私は彼の高音に毎回惚れちゃってます。(笑)そして、アンコールはイム兄弟お得意の冬ソナ!ドンミンお兄ちゃんが昨年みなとみらいで弾いてくれましたよね〜。ドンヒョク君もついに冬ソナですよ。ユーモアもちらりと見せてくれて、前回リサイタルよりも楽しめました。

そして、今回コンクールの覇者、ブレハッチの登場です。驚いたのが、とってーーーも細くて小柄だったこと。私は山本君よりも小さく見えちゃいました。しかし、音はしっかり出てます。音は力強いのですが、とっても品のある高貴な演奏です。その姿かたちもショパンを思わせるような・・・そんな雰囲気の持ち主。さすがにちょっとお疲れモード?も見えましたが、聴衆のやまない拍手に何度もアンコールで応えてくれました。ブレハッチ、ありがとう・・・。予想していた通りにシメに子犬!ブレハッチの子犬・・・こんな風に聞かせてくれるのは彼が初めて。1位で納得・・・な貫禄の演奏を見せ付けられました。


とにかく、とても豪華な内容でとっても幸せな気分になりました。コンクールのあの瞬間、そして今回のコンサート。音楽がここまで心を満たし、幸せにしてくれる・・・そして、そういった気持ちにさせてくれる演奏家の皆さんの努力には頭が上がりません。感謝感謝の気持ちでいっぱいです。連日のコンサートでお疲れだとは思いますが、お体に気をつけて最後まで無事に終えられることを祈っています。素敵な演奏と感動をありがとうございました!サントリーホールも楽しみにしています!(笑)


ラッキー本日も**コチラ**のrankingをよろしくお願いしますモグモグ


余談・・・コンサート会場で大学の友達を見つけてしまったの!ピアノ好きだなんて全然知らなかったから驚いたぁ。。。でもやっぱり友人に同じ趣味を持つ子がいるっていいですよね♪


posted by: ミーハー大学生 | ミーハー大学生@コンサート行ってきました! | 21:44 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:44 | - | - |
コメント
 
2006/01/27 10:57 AM
Posted by: ピアノフォルテ
こんにちは!今日大阪のコンサートに行くので、東京や長野の様子はどうだったかな、と検索させていただきました。
とっても楽しまれた様子ですね。
ブレハッチ君が長野では出演されなかったようなので、今日もちょっと心配です。出演されるといいのですが・・・。
バラ1を練習されているのですね。私のブログのお友達も数人バラ1に取り組もうとされてる方がいます。ツイマーマンのバラード、正統派でいいですねー。彼のではコンチェルトのCDも大好きです。
ユンディがお好きなのですね!私もです!山本貴志さんも、凄く興味があります。
また立ち寄らせていただきますね。コンサートの記事とっても参考になりました。ありがとうございました。
2006/01/27 2:26 PM
Posted by: ミーハー大学生
ピアノフォルテさん

はじめまして!
東京公演、想像以上に良かったです。本当に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。今日は大阪なんですね!是非是非感想をお聞かせください!ブログ、読ませていただきます♪

ブレハッチ・・・大変ですよね。彼自身の体調管理という以前に、このスケジュールが問題ですよね・・・なんだかかわいそうです。。。移動日くらいあってもいいのに・・・と思います。明日のサントリーも行くので、元気な姿を拝見できるといいんですけど・・・

私もツィマーマンのコンチェルト好きなんです。残念ながらCDは持っていないのですが、店頭で試聴をしてからいつか買ってしっかり聞くぞ〜!と思っているところです。なんだか、お好きな演奏系統似ていますね!ユンディもあのオーラが・・・生で見るとさらに!っていう感じです。2006年も来日するみたいなので、楽しみです。

よろしければまたいらしてください^^









トラックバック
 
http://tommyapril.jugem.cc/trackback/146